「故障かな?」と思ったら

水の使用時間帯を分散することにより軽減される場合があります。家事などで、水を使用する時間帯が集中する場合、住宅に水を送る給水管の水圧は一気に下がります。

そして、水を使い終わる時間も集中してしまうと、今度は一気に水圧が上がってしまいます。そこで、いきなり行き場を失った水は、水道管の中で急激に圧力を上げ、この時に音がする場合があります。

この現象をウォーターハンマーといいます。ご相談の「音」もウォータハンマーの可能性がありますので、まずは水を利用される時間帯を分散していただき、様子を見ていただけますでしょか。改善が見られない場合は、ご一報ください。

止水栓が閉まっている可能性があります。

ある特定の場所だけ水が出ない場合、止水栓の開閉が考えられます。「洗面所の水だけが出ない」ということであれば、洗面台下部の収納扉を開けていただき、止水栓をゆっくり開けてください。

建材の材料は木質系が多く、木の性質である乾燥収縮による変形が建具に生じる場合があります。

そのような点に対処する為に丁番金物で微調整ができるようになっております。調整はプラスドライバーや六角レンチなどで簡単に調整が可能です。

各メーカーの調整方法をご案内いたします。ご確認の上、調整をお願い致します。


YKK AP ・・・・困ったときのQ&A
LIXIL・・・・・・お手入れ・お掃除の動画一覧

補強材部分にお付け下さい。

窓枠上より2~3センチ間隔を開けて、10センチ幅の補強材が入っていますので、その補強材部分に取り付けてください。ビスは、3センチ以上をご使用ください

結露は、空気内の飽和水蒸気量により温度の低い面(ガラス等)に水滴として発生します。

結露の発生しやすい状態は、住宅内部の水蒸気量を一定とした場合、暖房している部屋に比べて、暖房していない部屋の方が結露しやすく、また日中よりも室温が低下する明け方などに、ガラス面の温度が低下し結露します。


暖房機器の種類、加湿器の使用、空調などによる住宅内部の水蒸気量の変化も大きく影響します。ペアーガラスは一般的に結露し難いですが、フレームのアルミ部分までは防げませんのでご注意ください。


結露対策として、

 ・お洗濯物を室内に干す場合は浴室を利用し、充分な換気を行う。

 ・24時間換気は可動させておく。

 ・調理時には必ず換気扇を使用する。合わせて、給気口か窓を開けることをお勧めします。

 ・入浴時、後の充分な換気を行う。

 ・加湿器や石油ストーブを使用するときの湿度管理を行う。

 ・各部屋に温度差がでてしまうと結露を引き起こす原因になります。結露予防の為にも各部屋を、常に空気が行き来できるようにする。

木材の乾燥収縮によって起こる場合があります。

とくに、室内天井部、階段上部、吹き抜け部のコーナーなどに隙間が出やすいのは、上部に暖かい空気が溜まり木材の乾燥が起こることで発生する場合が多いようです。

勾配天井のような高い部分には、シーリングファンなどをつけるなど空気の循環を促すことをお勧めいたします。 こまめな換気がクロスをきれいにお使いいただくポイントです。

床材の種類によって違いはありますが、アルコールまたは、シミ抜き用ベンジンを含ませた布が効果的です。

クレヨン、マジック、水性インキなどが付着したときは、アルコールまたはシミ抜き用ベンジンを含ませた布で軽く速やかに拭きとってください。時間を置いてしまうとインクなどが床に染み込んでしまい、消えない可能性もありますのでご注意ください。

サッシの下枠に溜まった雨水は、下枠とガラスの間を通り、枠の室内側にも雨水が溜まりますが、ある一定の水位までくると、止まります。
それは、室外の気圧と室内の気圧が押し合い、さらに水の重さによってバランスを保つからです。

雨が止むと下枠にたまった雨水も、自然に引いていきます。雨水が抜ける為の水抜き穴がサッシ下枠についています。水抜き穴がゴミなどで塞がれないよう、こまめにお掃除をお願い致します。

雨樋の詰りが考えられます。樋の中には落ち葉や飛砂などが溜まりやすく、詰りの原因となりますので、定期的な掃除をお勧めいたします。

また、2階などの高所の場合、お掃除の際に危険が伴いますので、専門業者へ依頼するか、落ち葉よけなどのネットなどを取り付けることも可能ですので、ご相談ください。

瞬間的な停電があった場合、器具がスイッチ操作が行われたと判断し、連続点灯に切り替わることがあります。

センサーへの戻し方:

① 壁スイッチを5秒以上OFFにする。
② 再度ONにする。
※5秒以内でONにすると連続点灯になるので注意。

連続点灯への切り替え方:

① 壁スイッチがONのときに約1.5秒以内にOFF-ONの連続操作を行う。

玄関ドアは、ドライバー1本で簡単に調整できます。ドア内側の上部にドアクローザーという自閉装置が取り付けられています。そこについているネジでドアが閉じる速度などが調整できます。
あわせて、蝶番(ちょうばん:ドアと枠を繋いでいる金具)のネジもご確認ください。

調整方法、メンテナンスなどの情報が記載されておりますので、ご参照ください。

YKK AP・・・・・ドアの閉まりやカギのかかりをよくする

LIXIL・・・・・玄関ドア
三協アルミ・・よくあるご質問