Q&A
  日頃、簡単にできるお手入れ法  
 
日頃できるお掃除方法、お手入れ方法などをご紹介いたします。また、カビの防止方法も掲載しております。

 
  • 1.浴室のしつこい湯アカ汚れ

    台所用ラップなどを使い湿布すると効果的。
    浴室用洗剤を含ませたティッシュペーパーを湯アカのこびり付いた部分に張り付けるか、浴室用洗剤をスプレーしてから台所用ラップを貼りつけ5〜10分ほど置き、汚れが浮いてからスポンジでこすると落ちやすくなります。
    ※人工大理石や一部のポリ浴槽には洗剤を湿布すると変色する場合がありますのでご注意ください。

    閉じる閉じる
  • 2.浴室の金具などのなかなか落ちない汚れ

    凹凸のある部分は、歯ブラシを使用。
    歯ブラシに浴室用洗剤などをつけて磨くと凹凸のある部分でも汚れが落ちます。
    ※キズが気にならない部分であれば、クリームクレンザーを使用して頂くとより効果があります。

    閉じる閉じる
  • 3.浴槽と壁の隙間やユニットバスの継ぎ目のシリコン系充てん剤のお手入れ

    掃除のたびに軽くこすり洗いすることが一番効果的。
    一度カビが生えるとなかなか落ちない部分なので、掃除の度に洗剤を歯ブラシにつけて軽くこすり洗いすればカビにくくなります。
    カビがついた場合は、シリコンのカビが落ちると表記されたカビ取り剤を吹き付け、しばらく置いたのちに水洗いをして下さい。

    閉じる閉じる
  • 4.浴室の天井掃除

    長い柄付きのスポンジをご使用ください。
    浴室の天井部も定期的に拭き掃除を行いましょう。長い柄付きのスポンジを使うと楽に拭き掃除ができます。

    閉じる閉じる
  • 5.浴室排水口の掃除

    臭いや、詰りが気になりだしたらパイプ用洗剤の使用がお勧め。
    忘れてはいけないのが排水口のお掃除。フタや目皿、排水口を浴室用洗剤を付けたスポンジや歯ブラシを使いこすり洗いしましょう。においやつまりが気なる場合は、パイプ用洗剤を使って洗浄してください。
    ※排水口の詰り防止策:排水口にネットや市販の排水口専用のグッズを使用すると効果的です。

    閉じる閉じる
  • 6.トイレの汚れに合った洗剤の選び方

    汚れに合った様々な洗剤を使い分けるのがコツ。
    黒ずみや黄ばみなどの汚れがこびりついてしまった場合:漂白作用のある塩素系のタイプ。
    洗浄水や尿のカルシウム分がついている場合:イオン分解する酸性タイプ。
    ※塩素系と酸性の洗剤を混ぜて使うと有毒ガスが発生します。
    大変危険ですので、混ぜて使用したり、続けて使用しないようにお願い致します。

    閉じる閉じる
  • 7.日常のトイレ掃除では落ちない汚れ

    湿布などをして、しばらく置くのがポイント。
    トイレットペーパーを2重に重ねて、汚れの上に敷き、そこにトイレ用洗剤をかけて、30分ほど置いてからブラシでこすります。

    閉じる閉じる
  • 8.手洗い器の汚れ

    まずは埃などを拭き取ってからお手入れを。
    スポンジや雑巾で水拭きをして、ホコリなどを拭き取ります。汚れがひどい場合は、クリームクレンザーを使うのも手ですが、陶器などに使用すると細かなキズが付き、タンク内に流すと故障の原因になるので、使用後は水拭きを繰り返し取り除いてください。あるいは、市販の細かな目のスポンジを使用するとよく落ちるようです。

    閉じる閉じる
  • 9.畳のお手入れ

    仕上げはお酢を入れた水で拭くと変色を防げます。
    畳を拭き掃除する場合は、ゴミやホコリをよく取ってから堅く絞った雑巾で目に沿って拭き掃除をして下さい。
    クレヨンの油汚れが付いた場合は、住宅用強力洗剤を使いますが、最後にお酢を入れた水で拭くとアルカリを中和する効果があり、変色を防ぐことができます。

    閉じる閉じる
  • 10.窓ガラスのお手入れ(1)

    新聞紙を使ったお手入れ方法。
    汚れが水分を含んだほうが掃除が楽なので、曇りの日や、2〜3日続いた雨が上ったばかりの午前中などがお掃除時です。まずは、汚れのひどい外側を先に拭くのが基本です。軽い汚れなら、水かお湯で濡らして絞った布で拭いてから、カラ拭きするだけで十分です。
    あるいは、新聞紙を軽く丸めて水にさっと濡らしたもので拭いてから、ガラス面が濡れているうちに、乾いた新聞紙を丸めて拭く方法が手軽です。

    閉じる閉じる
  • 11.窓ガラスのお手入れ(2)

    ガラス用洗剤は、つけ過ぎに注意してください。
    ガラスに×印をつけるようにスプレーし、堅く絞った布でまず周囲を拭いてから、中央部を拭いていきます。

    閉じる閉じる
  • 12.窓のサッシ(レール部分)のお手入れ

    まずは乾いた状態でお手入れ。
    レールについた土ホコリは、まず乾いた状態でサッシブラシか古い歯ブラシでこすって浮かせます。
    次に、浮いた土ホコリ等を細かいノズルを付けた掃除機で吸い取ります。
    最後に、湿らせた布を割り箸などに巻きつけて汚れをふき取ります。

    閉じる閉じる
  • 13.窓枠(アルミ枠)のお手入れ

    たばこのヤニが付いている場合は、ガラス用洗剤が効果的。
    水拭き、お湯拭き、または台所用洗剤を入れたお湯で拭くときれいに。
    クレセント部分は、割りばしに布を巻き付けたもので拭くと、きれいに拭けます。

    閉じる閉じる
  • 14.ダニ駆除

    窓は閉めきらず、風通しを良くしましょう。
    毎日お掃除をしているお宅でも、ほこり1g中にダニが200匹いると言われています。ただこれは、人を刺さないチリダニで、200匹ぐらいではほとんど害がないようです。ところが、チリダニが繁殖するとそれを餌にするツメダニが発生し、人を刺してかゆくなる被害がおきます。
    ダニを防ぐには、換気をよくして、湿度を下げることが効果的です。留守がちで、いつも閉め切っている部屋はよくありません。冷房などでしめ切っている部屋も安心できません。できるだけ換気を心がけ、湿度を下げることが大切です。



    閉じる閉じる
  • 15.ダニが繁殖した場合

    防虫シートでサンドイッチ状態にすると効果が期待できます。
    予防するには、畳やカーペットの下に防虫シートを敷きこんでおくと、約1年間ダニを寄せ付けません。
    ダニが発生した場合は、畳ならば畳の上に防虫シートを敷き詰め、状態によっては1週間から1か月そのままにしておきます。置く敷きカーペットならば上と下に防虫シートでサンドイッチするとダニ駆除の効果が期待できます。

    閉じる閉じる
  • 16.カビ防止対策

    カビを防ぐには、塩素系のカビ取り剤が効果的です。
    これはカビの胞子を殺菌し、さらに漂白してカビを取る効果があります。カビ取り剤の使い方は、塗ってしばらく置くのがポイントです。
    殺菌漂白するのですからこするとカビはかえって落ちません。
    アルカリ性が強いので取扱いは十分気を付けてください。また、最後には必ず水洗いか水拭きをし、換気を良くして作業をしましょう。



    閉じる閉じる
  • 17.塩素系を使用しないカビ取り法

    手についても安心な乳酸系がカビ取り剤。
    乳酸系のカビ取り剤もあります。これは、除菌、抗菌作用があり、匂いもなく、弱酸性なので手についても安心です。乳酸系のカビ取り剤は、塗ってからしばらく置いてこすってとります。

    閉じる閉じる
  ← Q&A トップへ戻る